VAIOに入れたLinuxで静音モードやバッテリーケアを有効にする

どーもです

 

VAIO ZにArch Linuxを入れて幸せなのですが、

「バッテリーがあまり保たない」

んですよね。

(と言ってもVim+Chrome動かしている程度で2.5hは保ちますけど)

 

何とかならないかなーと調べていると、

Set battery charging limit in Ubuntu on Sony VAIO Pro | simon.schllng.de

という記事を見つけました。

ここに書いてあるのはバッテリーの充電量に制限をかける「バッテリーケア」の方法なのですが、

どうも/sys/devices/platform/sony-laptop/内のファイルがVAIO固有の設定するものらしく、弄っていると静音モードやバッテリーケアの有効化に成功したのでメモしておきます。

動作モードの変更

Windowsの付属ソフトに「VAIO Control Center」ってのがありますが、その中の設定項目である電源オプションの設定は

/sys/devices/platform/sony-laptop/thermal_control

のようです。

選択できる値がこんな感じに確認できるので、

$ cat /sys/devices/platform/sony-laptop/thermal_profiles
balanced silent performance

例えばsilentモードにしたいときはこうしてやります。

$ echo silent | sudo tee /sys/devices/platform/sony-laptop/thermal_control

バッテリーケア(充電量の制限)

充電量の制限の設定ファイルは

/sys/devices/platform/sony-laptop/thermal_control

のようです。

Max80%にしたいというときはこうします。

$ echo 80 | sudo tee /sys/devices/platform/sony-laptop/battery_care_limiter

タッチパッドの有効無効

これも同様にこんな感じにできます。

// 無効
$ echo 0 | sudo tee /sys/devices/platform/sony-laptop/touchpad 
0
// 有効
$ echo 1 | sudo tee /sys/devices/platform/sony-laptop/touchpad
1

これらを起動時に有効にする

Arch Linuxの場合、これらの設定項目をShellScriptでまとめてSystemdのサービスとして実行させることで起動時に有効にすることができます。

僕は、

ssig33.com - VAIO Pro を Linux で使う + バッテリー延命

を参考にして、このようなファイルを起動時に設定しました。

Tosainu / powersave

powersaveを/usr/sbinに置き、

$ sudo chmod +x /usr/sbin/powersave

等で実行権限を与えてやります。

powersave.serviceは/etc/systemd/system/に置き、

$ sudo systemctl enable powersave.service

とすれば起動時に実行できるようになるはずです。

 

他にもいろいろありましたが、全ては検証できませんでした。

いろいろ試してみるといいかもしれませんね。

 

さて、これでバッテリーの保ちがどう変わってくるか…..気になりますねえ

2013年まとめの挨拶&muninがやっと動いたのでメモ

大晦日ですねぇ・・・

今年も、私「とさいぬ」、そして「とさいぬの隠し部屋」をいろいろしていただきありがとうございました。

ついったーも始め、よりいろいろな方と交流できるようになったり、とても充実した1年でした。

来年もよろしくお願いします。

 

タイトル通りです。興味がある方だけ続きをどうぞ。

技術系記事連続で申し訳ないです・・・

Read More »

最近のArch Linuxのインストールで注意すること&Arch LinuxをSDカードにインストールするときに注意すること

どーもです。

昨年の冬休みと同様に、また風邪ひきましたwww

皆さんも風邪には気をつけましょう。

 

最近のArch Linuxのインストールで注意すること

grub-mkconfigにバグ(のようなもの)があり、以下のようになり正しく動作しません。

sh-4.2# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
error: out of memory.
error: syntax error.
error: Incorrect command.
error: syntax error.
Syntax error at line 164
Syntax errors are detected in generated GRUB config file.
Ensure that there are no errors in /etc/default/grub
and /etc/grub.d/* files or please file a bug report with
/boot/grub/grub.cfg.new file attached.done

これを解決するには、/etc/default/grubの最終行にGRUB_DISABLE_SUBMENU=yを追記してやることで解決します。

[SOLVED]Anyone else having problem with grub-mkconfig? (Page 1) / Applications & Desktop Environments / Arch Linux Forums

# echo "GRUB_DISABLE_SUBMENU=y" >> /etc/default/grub

 

Arch LinuxをSDカードにインストールするときに注意すること

例のサーバOSもArch Linuxでいこうとしたのですが、BootDriveをSDにしたせいかうまく起動できない!!

こんな感じにEmergencyModeに入ってしまいました。

 

これを解決するには、SDカード上のパーティションのJournalingを無効化する必要があるようです。

また、もしかしたらSDカードに作るパーティションは1つだけのほうが無難かもしれません。

Ext4の場合のJournaling無効の手順はこちらを参考にさせて頂きました。

just another blog: ext4 disable journal

 

// 対象のディスクは/dev/sdaとする
// fdiskでパーティション作成
# fdisk /dev/sda

// ext4でフォーマット
# mkfs.ext4 /dev/sda1

// writeback modeを有効にする。パフォーマンスに貢献してくれるらしい。
# tune2fs -o journal_data_writeback /dev/sda1

// ジャーナル削除
# tune2fs -O ^has_journal /dev/sda1

// Fuckが必要らしい(よくわかんない><)
# e2fsck -f /dev/sda1

// ディスクの詳細がこのコマンドで確認できる
# dumpe2fs /dev/sda1 |more

そして、fstabの設定も修正しておきます

UUID=hogehogehogehoge / ext4 defaults,data=writeback,noatime,nodiratime 0 0

この対処により、見事起動するようになりました。

やったね!

 

あ、日付がたった今変わりました。

メリークルシミマス!!!!!

GentooInstallBattle!をした

どーもども

 

2013/10/1(Tue)のこと、なんかTwitterでやたら#gentooinstallbattleタグが飛んでいたんですよね。

何があったのかはよくわかってませんが、『俺も参加しなければいけないっ!!!』という衝動に駆られたのでGentooをインストールしました。

 

Gentooのインストールは昨年何度か試しましたが、カーネルのブートには成功するもののXの起動がうまく行かず放置、

目玉機能の一つでもあるUSEフラグを「気持ち悪い」と言い出してしまう始末・・・

 

ですが今回、うまく行ったのでメモも兼ねて記事にすることにしました。

 

それではとさいぬのくだらないtweetとスクショと共にお楽しみくださいw

また、この記事では「gentooのインストール方法」にはあまり触れませんのでご了承ください。

Read More »