uim-mozcのvi-cooperative modeが神ってる

どーもです。

先週木曜から40度近い発熱をし、医者の診察を受けたところインフルエンザ(B)でした。
今朝やっと熱が下がりましたが、学校に通うには「解熱後2日後」というルールがあるので早くても水曜からですかねぇ。
初回の授業は今後の理解に大きく関わってくるので、あまり欠席したくはなかったのですが……………

さてまぁ、タイトル通りのこと。

Vimで邪悪な日本語を入力しているとします。
insert

そのままESC等でnomal modeに移り、:w等のコマンドを実行しようとして・・・
nomal
こうしちゃうことありますよね。

あまりに不便なのでなにかないかと探したところ、uim-mozcにvi-cooperative modeというものがあるのを発見しました。

uimの設定(mozc設定ダイアログではない)を開き、左側のグループからMozcを選択します。
その中の設定項目にEnable vi-cooperative modeというのがあるのでチェックを入れてみましょう。
mozc

すると、Vimでinsert modeからnomal modeに移るとき、自動的に日本語入力がOFFになります!
便利ですね。

ではでは〜

お名前vps最上位プランのお試しを契約してしまった

おはよーございます

 

タイトル通りです。契約してしまいました。

スペックはこんなやつです。

\ 最下位 契約したの
CPU 2コア 10コア (Intel Core 2 Duo T7700相当?)
RAM 1GB 16GB
HDD 100GB 1TB

つよい(つよい)

Arch Linuxをインストールする

デフォルトのOSがセント君でつらぽよなのでArch Linuxを入れちゃいます。

しかし、公式が用意しているArchのインストーラが古過ぎる(/arch/setup実行する時代)ので、手動でisoファイルのアップロードをします。

Fullのインストーラのアップロードはクソ回線で時間がかかるのでNetboot Live Systemを利用しました。

 

Arch Linux - Netboot Live Systemからipxe.isoをダウンロード、

コンソール画面下に接続方法が書いてあるのでFileZilla等で接続して、

imagesフォルダ内にアップロードしましょう。

こんな感じに選択できるようになるので選択して起動、

あとはミラーサーバにFTP.JAIST.AC.JPを選択すればいつものようなインストールができるようになります。

やったね!

で、

とりあえずは引っ越し作業に向けていろいろパッケージの追加をしています。

せっかくの15日間なので、ベンチとかもガンガン回してみたいと思っています。

 

おまけ

/etc/motdを書き換えると、ログイン時のウェルカムメッセージを変えることができます。

最近のArch Linuxのインストールで注意すること&Arch LinuxをSDカードにインストールするときに注意すること

どーもです。

昨年の冬休みと同様に、また風邪ひきましたwww

皆さんも風邪には気をつけましょう。

 

最近のArch Linuxのインストールで注意すること

grub-mkconfigにバグ(のようなもの)があり、以下のようになり正しく動作しません。

sh-4.2# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
error: out of memory.
error: syntax error.
error: Incorrect command.
error: syntax error.
Syntax error at line 164
Syntax errors are detected in generated GRUB config file.
Ensure that there are no errors in /etc/default/grub
and /etc/grub.d/* files or please file a bug report with
/boot/grub/grub.cfg.new file attached.done

これを解決するには、/etc/default/grubの最終行にGRUB_DISABLE_SUBMENU=yを追記してやることで解決します。

[SOLVED]Anyone else having problem with grub-mkconfig? (Page 1) / Applications & Desktop Environments / Arch Linux Forums

# echo "GRUB_DISABLE_SUBMENU=y" >> /etc/default/grub

 

Arch LinuxをSDカードにインストールするときに注意すること

例のサーバOSもArch Linuxでいこうとしたのですが、BootDriveをSDにしたせいかうまく起動できない!!

こんな感じにEmergencyModeに入ってしまいました。

 

これを解決するには、SDカード上のパーティションのJournalingを無効化する必要があるようです。

また、もしかしたらSDカードに作るパーティションは1つだけのほうが無難かもしれません。

Ext4の場合のJournaling無効の手順はこちらを参考にさせて頂きました。

just another blog: ext4 disable journal

 

// 対象のディスクは/dev/sdaとする
// fdiskでパーティション作成
# fdisk /dev/sda

// ext4でフォーマット
# mkfs.ext4 /dev/sda1

// writeback modeを有効にする。パフォーマンスに貢献してくれるらしい。
# tune2fs -o journal_data_writeback /dev/sda1

// ジャーナル削除
# tune2fs -O ^has_journal /dev/sda1

// Fuckが必要らしい(よくわかんない><)
# e2fsck -f /dev/sda1

// ディスクの詳細がこのコマンドで確認できる
# dumpe2fs /dev/sda1 |more

そして、fstabの設定も修正しておきます

UUID=hogehogehogehoge / ext4 defaults,data=writeback,noatime,nodiratime 0 0

この対処により、見事起動するようになりました。

やったね!

 

あ、日付がたった今変わりました。

メリークルシミマス!!!!!

Arch Linuxインストールめも (2013版)

この記事は古いです. 新しい記事をどうぞ.
Arch Linuxインストールめも (2014秋版)

2013/11/17 (Sun) 9:45:29 誤字をいくつか修正

2013/12/7 (Sat) 0:48:19 誤字修正および一部の環境での対処を追記

2014/1/25 (Sat) 1:23:52 インストールするパッケージ等を追記・修正

 

どーもです。

以前、とても役立たない記事をかいてすいませんでした。

今回はマトモに書こうと思います、はい。

 

※あくまで一例ですので・・・

Read More »