てすとおわり

みょん.

期末テストがやっと終わりました.
くぅ〜〜〜〜〜〜長かったぁ......

とりあえず徹夜明けなので早く寝たいです.

Xperia2011年モデル改造まとめ

SoftBank銀SIMで使えるXperia Arcの入手から, その後遊んだことについてまとめてみた.

まず

2012年から書いてきたXperia2011弄り方まとめを前ブログから持ってきました.
今後も少しづつ記事を増やしていければなと思う.

注意!!!

ここに書かれていることは, 結構危険な内容も含まれています.
場合によっては端末が起動しなくなったりすることがあるかもしれませんので注意してください.

尚, ここで紹介しているのはXperia2011年モデルでのやり方です. 最近の端末では, 特にブートローダーアンロック以降のやり方は結構変わっているようなので, 参考にする場合などは注意してください。

端末の入手

端末はAmazonで購入した.
Xperiaと検索して絞ると, 白ロムのArcとAcroや, その海外モデルが12,000円程から販売されているのを発見.

やっぱり, 現時点で安全に楽しく遊べる携帯はXperiaの2011年モデルだと思うんですよ.
今となっては性能はあまり高い機種ではなくなってしまいましたが...

SoftBankと帯域が同じなところや, 有名なカスタムROMであるCyanogenModの公式対応(注: 現在は公式サポートは切れています)などから購入機種はArcにした.

また, SIMフリー化が面倒くさそうだったのでSIMフリー加工済みの機種を購入(2012/7/15)した.

注: これから思いっきり弄りたい方はSIMフリー加工されていないものの購入をおすすめします
(Bootloader Unlockが失敗して文鎮化する恐れがあるため)

届いた

端末は2012/7/16の午前中に届いた. 予定は19日だったのでびっくり.

arc

docomoの袋付きで笑ったw

もくじ

  1. root権限取得可能なファームウェアを書き込む
  2. 2011Xperia(Android2.3.4)のroot権限の取得
  3. カスタムリカバリの導入
  4. Omniusで国内ペリアをアンロック
  5. カスタムカーネルを書き込んでみる
  6. カスタムROMを書き込んでみる

USB3.0ポートでUSB3.0フラッシュメモリが使えなくなった

どもども, テスト真っ只中のとさいぬです.
今回のテストで一番つらいと思っている最初の2日を無事終え, 大分気が楽になった感じです.
(まだあと8教科残ってますが....)

さて, 僕は普段, USB3.0対応のUSBフラッシュメモリであるSanDisk Extreme USB 3.0 Flash Driveを使っているのですが, 近頃VAIO Zに入れたArch LinuxでこれをUSB3.0ポートに挿すと認識してくれなくなってしまったんです(USB2.0のポートだと動く).

いろいろ調べたら簡単に解決したのでメモ.

かんきょう

  • VAIO Z (VPCZ23AJ)
  • Arch Linux x86_64
  • linux 3.17.0-rc5 (症状自体はlinux-3.15あたりから)

かくにん

物理的に壊れているわけではないので, 何かしらは反応しているはずです.
そこで, USB3.0ポートにUSBフラッシュメモリを接続した後, dmesg コマンドでカーネルが吐くメッセージを確認してみます.

$ dmesg
- 略 -
[13089.757750] usb 1-2: new full-speed USB device number 7 using xhci_hcd
[13089.869144] usb 1-2: device descriptor read/64, error -71
[13089.970031] xhci_hcd 0000:04:00.0: Setup ERROR: setup context command for slot 1.
[13089.970043] usb 1-2: hub failed to enable device, error -22
[13090.124246] usb 1-2: new full-speed USB device number 8 using xhci_hcd
[13090.235485] usb 1-2: device descriptor read/64, error -71
[13090.336506] xhci_hcd 0000:04:00.0: Setup ERROR: setup context command for slot 1.
[13090.336526] usb 1-2: hub failed to enable device, error -22
[13090.490610] usb 1-2: new full-speed USB device number 9 using xhci_hcd
[13090.490999] usb 1-2: Device not responding to setup address.
[13090.692152] usb 1-2: Device not responding to setup address.
[13090.893087] usb 1-2: device not accepting address 9, error -71
[13091.046211] usb 1-2: new full-speed USB device number 10 using xhci_hcd
[13091.046585] usb 1-2: Device not responding to setup address.
[13091.247865] usb 1-2: Device not responding to setup address.
[13091.448729] usb 1-2: device not accepting address 10, error -71
[13091.448880] usb usb1-port2: unable to enumerate USB device

やっぱり何かエラー出ていましたね.

全く関係ないのですが, dmesgコマンドの出力に色がつくようになったんですね.
ずいぶん見やすくなりました.

なおす

device descriptor read/64, error -71 でググってみたところ, この辺の情報がHitしました.

usb 1-4: device descriptor read/64, error -71 | Guy Rutenberg

どうやら old_scheme_first を有効にしてやればいいようです.
え゛っ.... oldって....... ちょっとショック(´・ω・`)

// rootで
# echo Y > /sys/module/usbcore/parameters/old_scheme_first

// やっぱsudo使いたいよね
$ sudo sh -c 'echo Y > /sys/module/usbcore/parameters/old_scheme_first'

// これでもよさそう
$ echo Y | sudo tee /sys/module/usbcore/parameters/old_scheme_first

うごいた

$ dmesg
- 略 -
[14028.974874] usb 2-2: new SuperSpeed USB device number 2 using xhci_hcd
[14028.990757] usb-storage 2-2:1.0: USB Mass Storage device detected
[14028.991517] scsi host7: usb-storage 2-2:1.0
[14029.995418] scsi 7:0:0:0: Direct-Access     SanDisk  Extreme          0001 PQ: 0 ANSI: 6
[14029.996769] sd 7:0:0:0: [sdc] 31277232 512-byte logical blocks: (16.0 GB/14.9 GiB)
[14029.997587] sd 7:0:0:0: [sdc] Write Protect is off
[14029.997601] sd 7:0:0:0: [sdc] Mode Sense: 53 00 00 08
[14029.998310] sd 7:0:0:0: [sdc] Write cache: disabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[14030.003468]  sdc: sdc1
[14030.005791] sd 7:0:0:0: [sdc] Attached SCSI removable disk

$ lsusb | grep SanDisk
Bus 002 Device 002: ID 0781:5580 SanDisk Corp. SDCZ80 Flash Drive

注: sysctlの設定とかいじらない限り再起動すると元に戻ってしまうので, 接続するたびにコマンド打たないといけないです

ではではー.