みょんみょん

以前, uimの “vi-cooperative mode” を紹介しました.
しかし最近, 諸事情でQt5を扱っているのですが, なんとuimがまともにQt5をサポートしていない!!

segfault
uimの安定板にはQt5のサポートコードがまだ取り込まれておらず, また最新ブランチからビルドしてもQt5アプリをSegmentation Faultさせてしまう始末…

ってことで, fcitx, そしてArch LinuxのCommunityレポジトリにも取り込まれたfcitx-mozcに移行することにしました.
また, 当然fcitxにvi-cooperative modeは無いので, .vimrcに似たようなことができるように設定を書いてみました.

インストール

// いらない
$ yaourt -Rcns uim-mozc mozc

// こんにちわ
$ yaoutr -Sy fcitx-im fcitx-qt5 fcitx-configtool fcitx-mozc

.xprofileを編集

# fcitx
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export DefaultIMModule=fcitx
fcitx

ログオフなり再起動

fcitxの設定

通知領域のfcitxアイコンの右クリックで設定を開く
menu

デフォルトの入力言語が日本語入力なのは鬱陶しいので, mozcよりも上に適当なキーボードの設定を追加(僕は英字配列のキーボードを使っているのでEnglishにしました)
kbd

Trigger Input Methodに日本語入力のON/OFFキーを設定
trig

Vimの設定(vi-cooperative modeもどき)

インサートモードから抜けるときにfcitx-remote -c(IMを無効にする)を実行するようにします.
augroup MyVimrcの部分はautocmdが複数回呼ばれてしまうのを防ぐための工夫です.
Vimの極め方 の “リローダブルなvimrcを書く” とかが参考になると思います.

augroup MyVimrc
  autocmd!
augroup END

" fcitx
autocmd MyVimrc InsertLeave * call system('fcitx-remote -c')
"}}}

ウェイ

日本語入力のままコマンドモードに移っても誤爆しなくなったヾ(❀╹◡╹)ノ゙

とはいえ, fcitxさん. いろいろと細かい挙動に不満が…….

  • 日本語入力中にChromiumの通知が出ると, そのまま確定され, さらに通知を出したChromium上に一旦かーそるを移動しないと再び日本語入力を有効にできない
  • 通知が出なくてもなんか突然日本語入力できなくなる
  • 通知領域のアイコン右クリックで出るメニューが若干ズレてる?

ちなみに, バージョンは4.2.8.4です.

ではでは〜