どもども

 

早速メインOSであるArchlinuxたんをインストールしていきます。

尚、細かいインストール手順は今回は書きません。

 

RAIDに関する注意

RAIDドライブの場所

RAIDドライブを組んだ場合、そのRAIDアレイはもちろん/dev/sda等からアクセスはできません。

VAIO ZのようなIntel Rapid Storage TechnologyのRAIDの場合、/dev/md以下を見てやるとわかりやすいです。

RAIDボリュームの名前をVolume0で組んでいる僕の環境では、次のようになりました。(おそらく環境によって値は異なります)

# ls -l /dev/md
total 0
lrwxrwxrwx 1 root root  8 Mar 20 19:48 imsm0 -> ../md127
lrwxrwxrwx 1 root root  8 Mar 20 19:48 Volume0_0 -> ../md126
lrwxrwxrwx 1 root root 10 Mar 20 19:48 Volume0_0p1 -> ../md126p1

パーティションをfdisk等で変更してやる場合、/dev/md/VolumeName_0またはリンク元の/dev/md126を指定してやります。

# fdisk /dev/md/VolumeName_0

ちなみに、パーティションを増やしていくとmd126p1,md126p2...と増えていくようです。

initramfs関連

boot時に一時的なrootfsとして読み込まれるinitramfsですが、ここにRAID関連のモジュールを入れてやらないと起動しません。

これを対処するために/etc/mkinitcpio.confをエディタで開き、MODULESにdm_mod、HOOKSのudevの後ろにmdadm_udevを追記します。

MODULES="dm_mod"

HOOKS="base udev mdadm_udev autodetect modconf block filesystems keyboard fsck"

そして

# mkinitcpio -p linux

してやります。

Grubのインストール先等

先程も書きましたが、/dev/sda等は存在していますが、RAIDドライブ自体は/dev/md/VolumeName_0です。

# grub-install --boot-directory=/boot --recheck --debug /dev/md/VolumeName_0

 

Windows7とのデュアルブート

/dev/disk/by-uuidを覗き、Windows7をインストールしたパーティションのUUIDを確認します。

$ ls -l /dev/disk/by-uuid | grep md126p1
lrwxrwxrwx 1 root root 13 Mar 20 20:47 0123456789abcdef -> ../../md126p1

この場合、0123456789abcdefがUUIDになります。

/etc/grub.d/40_customをエディタで開き、

menuentry "Windows 7" {
  insmod part_msdos
  insmod ntfs
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root --hint-bios=hd0,msdos1 --hint-efi=hd0,msdos1 --hint-baremetal=ahci0,msdos1 0123456789abcdef
  ntldr /bootmgr
}

を追記して

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

を実行します。

こうすることで起動時のGrubメニューにWindows7が表示されるようになり、Windows7も起動できるようになります。

 

その他設定

Xwindow上でのキーボード配列

Xorg上でも日本語配列を使えるよう設定します。

$ localectl set-x11-keymap jp

これで、再起動後からは日本語配列が使えるようになります。

ハードウェアクロックをJSTで使う

Windowsと共存させてしまう以上、ハードウェアクロックをUTCに設定するのはめんどくさいです。

仕方がないのでハードウェアクロックをJSTのまま使えるように設定します。

$ yaourt -S ntp
$ sudo timedatectl set-local-rtc true
$ sudo ntpd -qg
$ sudo hwclock --systohc

 

追加したソフトウェア等

これらをpacmanやyaourtを使いインストールしました。

xorg、デスクトップ環境等

  • xorg-server
  • xorg-utils
  • xorg-server-utils
  • xf86-video-intel
  • xf86-input-synaptics
  • xf86-input-wacom
  • awesome
  • slim
  • archlinux-themes-slim
  • lxappearance
  • adwaita-x-dark-and-light-theme (AUR)
  • gnome-colors-icon-theme (AUR)
  • adobe-source-code-pro-fonts
  • ttf-migu (AUR)
  • fontconfig-infinality (AUR)
  • lib32-freetype2-infinality (AUR)

ツール類

  • zsh
  • vim (using this PKGBUILD)
  • git
  • terminator
  • mariadb
  • thunar
  • tumbler
  • thunar-volman
  • gvfs
  • uim-mozc (AUR)
  • unzip-iconv (AUR)
  • sl (AUR)

コンパイラ等

  • gcc
  • clang
  • nodejs
  • rugy
  • ghc
  • jdk7-openjdk
  • icedtea-web-java7

マルチメディア関連

  • gimp
  • inkscape
  • viewnior
  • blender
  • gnome-mplayer

ネットワーク関連

  • google-chrome (AUR)
  • firefox
  • dnsutils
  • nmap
  • openssh
  • wireshark-gtk
  • filezilla
  • skype

とりあえず主要ソフトウェアはこのくらいでしょうか。

 

それにしても、RAID有効にしたVAIOたん速いです。

ではでは〜