これはひどい・・・

どーもです。

 

とある電子系学科のC言語プログラミングの授業の小テスト模範解答より転載。

 

その1

1個120円の商品の個数を入力し、個数が5個より少ないときは割引なし、50個未満の時は1割引、50個以上の時は2割引とした時の値段を計算するプログラム。

#include<stdio.h>
int main(void)
{
  int kosuu, waribiki, nedan;

  printf("商品の個数は?"); scanf("%d", &kosuu);

  if(kosuu < 5) {
    waribiki = 0;
  }
  else if(kosuu < 50) {
    waribiki = 1;
  }
  else {
    waribiki = 2;
  }

  printf("%d 割引。 \n", waribiki);
  nedan = (int)( kosuu * 120 * ( 10 - waribiki ) * 0.1 );

  printf("金額は %d円 です。 \n", nedan);

  return 0;
}

 

その2

お釣りの金額を入力し、100円、50円、10円がそれぞれ何枚か計算するプログラム。

#include<stdio.h>
int main(void)
{
  int oturi;
  int coin_100=0, coin_50=0, coin_10=0;

  printf("お釣りの金額を入力してください:");
  scanf("%d", &oturi);

  if(oturi >= 100) {
    coin_100 = oturi / 100;
    oturi = oturi % 100;
  }
  if(oturi >= 50) {
    coin_50 = oturi / 50;
    oturi = oturi % 50;
  }
  if(oturi >= 10) {
    coin_10 = oturi / 10;
  }

  puts("コインの枚数は, ");
  printf("100円が%d枚\n", coin_100);
  printf("50円が%d枚\n", coin_50);
  printf("10円が%d枚\n", coin_10);

  return 0;
}

 

これは許せない・・・

 

まず変数名。

ローマ字変数kosuu、waribikiなどは論外。oturiなんてローマ字(笑)じゃないですか!

これが英語系の授業も持っている先生とは思えない変数名ですね・・・

そしてローマ字(笑)変数名の中にcoinなんていう結構まともな変数名を混ぜているのも統一性なくて許せないですね。

 

そして、変数の扱い方。

例えば2番めのプログラム、

  • おつりが1000円を超えるとき
  • 1円の処理
  • 入力された値が負のとき

などの処理はどうなっているのでしょうか?

このプログラムで使われている変数型はint型。これは-2147483648 ~ 2147483647の値を格納することができます。

2147483647が入力されたらどうなるのでしょうか?100円玉21474836枚となんの躊躇もなく表示してくるのでしょうか?

負の数が入力されたらどうなるのでしょうか?お釣り-何枚とかでてくるのでしょうか?

プログラムを正しく動かすためにも、考えられるすべての場合に対処できるようにしなくてはいけません。

少なくともこのプログラムには

  • 入力された値が適切なものか判断する処理
  • ↑のような値が入力された時に再び値を入力するようにするなどの処理
  • 1円や他の硬貨、紙幣についても計算する処理

などが必要だと僕は思います。

 

最後に、

プログラムに日本語使うな

これはとさいぬの「2バイト文字不要論(仮)」と関係があります。

日本語などの2バイト文字はちょくちょくバグを引き起こします。

僕自身、この学校に入学し課外演習の1つとしてプログラムをガリガリ書いていましたが、日本語はコメントの中にあってもバグを引き起こしたことがありました。

そのプログラムはコメントを消すことで完璧に動作しました。

 

UIの部分に日本語を使うのは仕方ないとは思いますが、コードの中に日本語を含む2バイト文字を入れるのは僕は納得できませんね。

予想できないバグを発生させ、開発を困難にさせます。

 

 

僕はこの授業を取らなくて本当に良かったと思っています。

いくらなんでもこれはひど過ぎます。

電気科のプログラミングはこんなものだったのですか、残念です。

新デザインだじぇ〜

どうも〜

 

以前から言っていたサイトデザイン変更がだいたい終わりました〜

 

まだズレているところや見づらいところがありますが・・・

 

暇を見つけて修正したいと思います。

 

 

テストが近づいてきたため更新減らします。

ではまたいつか〜

4Kテレビがヤバイ

やべぇよ・・・

綺麗すぎだよ・・・

 

新しい洗濯機を注文しにまたとある量販店に行ってきましたが、

まさかこの田舎にこんなものが展示されているとは思いませんでした。

 

WalkmanZ、XperiaArc、VAIO Zと、解像度の割に画面の小さい(DPIの高い)液晶を持った端末に慣れてしまっているせいか、身近な液晶が荒く見えてしまう今日この頃 。

このテレビには驚きました。

 

本当に綺麗。ドットの粒々感はほとんど感じられず、『動く写真』を見ているかのよう。

カタログに『その場所へ訪れたようなリアリティーを体感する』と書いてありましたが、まさにそんな感じ。

とさいぬの物欲が思いっきり刺激されてますww(とさいぬは高解像度・高DPI厨です)

 

問題は価格ですね。

これ1台でFullHDテレビが一体何台買えるだろうねwww

4k対応プロジェクタのほうがまだ安いな。(音響設備とか他のものが高く付きそうだけど)

 

今年次々と4kディスプレイが発表されているけど、今のFullHD並に普及しだすのはいつ頃かなぁ・・・

24インチ3840×2160ディスプレイが数万円代で早く出てくれ〜

GTX780キタ———(゜∀゜)———— !!

※公式サイト画像を加工

 

キタ———(゜∀゜)———— !!

来ましたね780!!

買えませんがw

 

メモリバスが太くなっているのが個人的に評価高いですね。

高解像度化していくディスプレイに対応していくためにも、次期モデルでは太くなるのを期待していたので。

Fermiのこともあったので爆熱を心配していましたが、Titanが予想以上に優秀だったので心配なさそうですね。

 

 

さて、グラボの世界はどうなっていくのか楽しみです。

CPUは既に十分すぎるパフォーマンスの物が安く手に入るようになっているので、これからのマシンで性能を大きく左右するのはグラフィックだと思っています。

 

おそらく僕も、よほどの何かが無い限り3930kを十数年は(きっと)使い続けるつもりですが、

予算に余裕ができ次第(何年後だ?)、グラボは載せ替えたいと思っています。

Nvidiaもいいけど、次はAMD Radeonがいいかなぁ~

大須のOCイベントで展示されていた7970マシンの電源ON→BIOSの時間がとても速くて感動したので。

まぁ、その時どうなってるか知りませんけど・・・(頑張れ!AMD)

 

 

 

このままモデルチェンジしていくと、いつかGTX990とかHD9990とか出てくるのかな?

なんか型番からものすごい性能が高そうな雰囲気出てていいなぁ・・・

Gomindows7のフォントがキモくなった時の対処法

どうもとさいぬです。

 

自作機1号の窓7が気がつくとこんなことに・・・

 

キモイ・・・キモすぎるぞ・・・・・・

 

 

調べたらかなり簡単に対処できたのでメモ

 

 

 

ここから自分のOS用のファイルをダウンロード

実行して終わり!

 

 

 

わーい戻ったー