VAIO Z(VPCZ2)使っている人!RAIDドライバアップデートしよう!

おひさしぶりです

僕がメインで使っているパソコンはVAIO Zシリーズ(VPCZ23AJ)です。

厚さが1cmとちょっとでありながら通常電圧版のcorei7(2コア)が載っているのに惹かれ買ってしまいました。

財布が・・・痛いです・・・

 

このZたんですが、サムチョンのSSD2台RAID0しており、信頼性はないものの驚きのスピードをたたき出していました。

購入直後ではありませんが、DiskMarkかけてみたらこんな数字が

www

何も言うことあるまい

 

ですが最近、特に書き込みが遅い気がしたのです

あまりにも気になったので調べてみると・・・

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

なんなんだこれは!!!

 

SSDだからいつかこうなると思っていました。

できる限り書き込みは減らすよう心がけてはいましたが。

 

しかし疑問が一つ。

「TRIM効いてないのか?」

 

あくまで僕の推測ですが、TRIMが効いてないか、IRST系と思われるアプリケーションがエラーを起こして一度ブルースクリーンになったのが原因ではないかと。

今回はTRIMとドライバを疑ってみます。

SSDには物によりますが、TRIMという機能がついています。

ざっくり説明すると、「長期使用による速度低下を防ぐもの」です。(長くなるので興味がある人は各自調べてください)

CrystalDiskInfoを使って、ZたんのSSDがTRIMに対応しているか調べると・・・

よしよし、ではなぜだ?

 

http://www.station-drivers.com/forum/viewtopic.php?f=32&t=3910

上のリンクによると、RAIDドライバであるIntel® Rapid Storage Technology(以下IRST)のバージョンv11.5.x.xxxxからRAID0でもTRIM効くようになるとのこと。

ZたんのIRSTは・・・10.7.x.xxxxでした。(詳しいバージョンのメモ忘れました)

 

ということで、試して見みることにした。

まず、インテルのサイトから最新のIRSTを拾ってきます。

下のリンクのページへ進み、暫く待つと最新のダウンロードの項目にある「ドライバーやソフトウェのダウンロード」が「Intel® Rapid Storage Technology xxx, xx xxx 20xx(xxは最新版の日付)」に変わるので、そのリンクに進みます。

http://www.intel.com/p/ja_JP/support/highlights/chpsts/imsm

 

いくつかあるダウンロードの中から、ファイル名がiata_cd.exeとなっているリンクをクリックしてダウンロード、インストールします。

インストールが終わると再起動するように言われるので再起動します。

 

PCが起動しても終わりではありません。RAIDアレイのドライバーのインストールが終わるとまた再起動するように言われたので再起動。

 

さて、ベンチしてみようか。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!!!

復活です。よかったよかった。

 

てなわけで、Zたん使っている人はドライバアップデートしたほうがいいかもしれません。

僕自身、これがTRIMが有効になったために回復したかはわかっていません。

調べてみても、RAIDされたSSDでTRIMが有効になるかどうかの情報はページによって異なります。

まぁ、結局速度は回復したのでよしとしましょう。